ひららプロジェクト HOME > HIRARAIT

UPSのバッテリー交換


我が家はUPSを2台設置しています。1台は気象観測用、もう1台は光電話用です。いずれもすでに販売が終了しているAPCのSmart-UPS700でヤフーオークションで格安で入手したものです。
何年使用したかわからない中古品の上に3年も使用したので、さすがにバッテリーがくたびれてきたようです。
Smart-UPS700(SU700J)仕様書


無停電電源装置 Wiki
 あんしんホッとサービス
 APCジャパン
 nabeの雑記帳
 
■下調べ
バッテリーの交換に関する情報サイトはたくさんあります。Smart-UPS 700はもとよりRBC5J (SUA700J 交換用バッテリキット)も販売が終了しています。

APC 本家の説明です。
富士通
いつかその時・・
rubichiro.net
qos webmaster's blog
jib.jp


■バッテリーの購入
純正品は高価すぎるので
このサイトで紹介されていたSOUND HOUSE (株式会社サウンドハウス)の2個で本体3000円送料420円と格安の[UPSB8AH]を注文しました。 私はサウンドハウスに直接注文しましたがAmazonでも購入できます。なお、このサウンドハウスは楽器や音響機材がとても安いと評判の会社のようです。

同価格、同サイズで7AHと9AHがあります。APCでは純正以外は保障していませんし、サウンドハウスでも他機種での使用を保障していません。
LONGバッテリーの膨張などの記事もありますので交換は自己責任です。
このところボーイング787の事故原因がバッテリーと報道されているので少し不安があります。

秋月などで販売されているLONGのバッテリーは膨張するとの情報があります。LONGよりさらに安価なバッテリーなので不安もあります。サウンドハウスのHPではUSB7AHと9AHは無印で8AHはEU加盟国の基準を満たすCEマークがついていたので8AHを注文したのですが、実際に送られてきた8AHは無印でした。


HP掲載のNP8-12
■バッテリーの交換
バッテリーの交換は富士通の説明がわかりやすいと思います。2個のバッテリーを両面テープで貼り付けた以外は説明の通りで極めて簡単にできました。


/
 
copyright (c) 2007 Hirara PROJECT