無線LANの中継計画
自宅から200m先の桜の木をライブ中継しようと計画しています。WEBカメラ設置予定場所までは約250mあります。
また、自宅から農園の300m先の作業小屋との無線LANの接続を計画しています。いすれも途中の障害物はほとんどありません。



 
●使用機材


(左) コレガのCG-WLBARGMをyahooオークションで入手しました。生産終了品の一昔前の製品ですが、メタルケースでしっかりとしたつくりです。残念ながら外部アンテナの接続はできないようです。

(中)プラネックスのBLW-54CW3-Sも入手しました。現行品です。こちらは、外部アンテナの接続ができます。

(右)プラネックスのUSB無線LANアダプタGW−US54GXS も入手しました。アクセスポイントとしても使用できます。


前から持っていたバッファローWLA-G54Cです。1.5mの高さから落下させてしまいました。ケースの一部が外れたので分解して内部を撮影しました。中にはWLI-MPCI-G54が内蔵されていました。元通り組み立てて作動試験をしたら動作しました。けっこう衝撃に強い製品です。




□無線LANの状態の確認ツール
いずれも海外のフリーソフトであるNetwork StumblerやinSSIDerを使うと無線アクセスポイントの電波状況等を確認できます。私はinSSIDerの方が使いやすいと思います。無線LANのチャンネルや電波強度など各種の情報を取得できます。 2010現在2.0にヴァージョンアップしています。近所で同じチャンネルを使用している場合はチャンネルを変更します。



□実験1  親機 WLA-G54C+WLE-DA    子機WLI-U2-KG54
長距離無線LANは、60kを超える記録があるようです。しかし、業務目的でもないのに高価な機材を使用するわけにはいきません。まずは、手持ちのアンテナWLE-NDR(無指向性)とWLE-DA(指向性)を使って実験することにしました。とりあえずノートパソコンで接続実験をしました。残念ながら100mが限界のようです。



●外部アンテナとリフレクタについて
日本では無線LANの規制が厳しく、出力が10mWと小さい上に、外部アンテナも同じメーカーの適合品しか許可されていません。アンテナの自作も御法度です。電気的に接合しないリフレクタ(反射板)の使用は問題ないと思われます。
リフレクタはfon用の自作例が公表されています。プラネックスXからも1000円以下の安価で販売されています。
JH1UGFさんのページには、ループアンテナとUSB無線LANを組み合わせた製作例が発表されています。これを参考に自作したいと考えています。

●参考
海外製品にはこんなものもあるようです。 




□実験2 BLW-54CW3の設定
実験1から気がついたら半年以上たっています。この間、セキュリティと速度の問題から家庭内LANはやはり有線が良いと主な部屋にケーブルを引きました。
久しぶりに長距離無線LANの実験を再開することにしました。外部アンテナの接続できるBLW-54CW3をセットアップしました。ところが何回やってもうまく接続できません。しかたなく、ネットで「BLW-54CW3 接続できない」で検索するとまさに悪評判の羅列でびっくりしてしまいました。マニュアルの不備とメーカーの対応のまずさの例がずらり並んでいます。悪戦苦闘した結果、なんとか動作することができましたが今後のために記録に残しておきます。
○配線

1 アドレスの変更
 初期設定は192.168.1.1です。
 本機はルーターとしても機能するのですが、ルーターは概にありアドレスも競合しているのでこれを変更する必要があります。
 本機をネットワークに接続する前にアドレスを変更する必要がありますので、作業用のパソコンと本機をLANケーブルで直接つないで作業をします。
 私は192.168.1.120に設定することにしました。
 ID admin    PASS passwordde でログオンできます

2 初期化
 裏面上部のスイッチをボールペンの先などで10秒ほど押し続けるとリセットされます。
 電源表示のledがオレンジ色から緑色に変わるまでしばらく待つ必要があります。
 私は、何十回も初期化するはめになりました。

3 モード切り換えスイッチ
 アクセスポイントとして使用するには「裏面のモード切り替えスイッチをAP側にする」と説明書に記載されているのですが、何度やっても接続できません。
 そして、
なぜかスイッチを切り替えないことでうまくいったのです。
 この原因はマニュアルの接続例と私の接続方法が異なるためで、マニュアルの間違いではなく、説明不足(私の解釈不足)でしょう。

4 設定メニュー>Wireless>無線LAN基本設定


5 設定メニュー>TCP?IP設定>LAN設定
 I


6 クライアントの設定

 パソコンは無線アダプタ内蔵の東芝J50とDELLのVOSTRO1000+BUFFLOWのWLI-U2-KG54の2台で行いましたが
 「資格情報の確認中」のメッセージが出ていずれもうまくいきません。
 「ワイヤレスネットワーク接続」の「ワイヤレスネットワーク」タブをクリック。「優先ネットワーク」のSSIDを選択し「プロパティ」をクリック。「認証」タブをクリックし、 「このネットワークでIEEE 802.1X認証を有効にする」のチェックを外してIEEE 802.1X認証を無効にするでとりあえず解決しました。
  (参考 金沢市の「パソコン修理屋さん」
  ところで無線LANの設定には、OS標準の無線LAN機能 (Windows 7/Vista の WLAN AutoConfig)、Windows XP の Wireless Zero Configuration)
  を使う方法と無線LANアダプタのメーカーのユーティリティソフト(たとえばBUFFALOのクライアントマネージャ3)を使う二つの方法があります。
  通常、メーカーのソフトをインストールするとXP付属のWireless Zero Configurationサービスは自動的に停止されます。また、複数の会社のユーテりティソフ  トをインストールすると不具合が生じます。たとえば二つのソフトをインストールして不具合が生じた場合は、両方とも削除してインストールしなおせば解決し  ます。このことに気がつくまで随分と時間を費やしてしまいました。

■無線LANは遅い!
しばらく無線LANを使ってなかったので改めてスピード測定をしてみました。同じパソコン(J50)で有線では90Mbpsを記録するのに、
無線では6〜8Mbpsしか出ていません。(11g接続)
光環境では、やはり、無線lLANは補助的に使用するのが良さそうです。

□実験3 GW−US54GXSの設定
 同じプラネックス製品で少し心配したのですが比較的簡単に設定できました。ただし、IEEE 802.1X認証を無効にする必要がありました。

□実験4
 パラボラアンテナ+USB無線LANアダプタの製作

構造は。CSパラボラアンテナのコンバータ部分にUSB無線LANアダプタを設置し、USB延長ケーブルでパソコンに接続するというものです。外部アンテナを無線LANアダプタに接続するのではなく、反射板(リフレクタ)を付加するだけですから電波法上の問題はないと考えます。


                   改造前             →             改造後


・使用したのは、古いCSアンテナです。コンバータ部分を取り外し、USB延長コードに接続した無線lLANアダプタを防水テープとビニールテープを使って取り付けました。使用したアダプタはプラネックスのUS-54GXSで、クライアント側に使用しました。

・アクセスポイントには、BLW-54CW3を用い、市販の外部アンテナを取り付けました。



□参考サイト
JH1UGF マキ電機のループアンテナを使った実験の様子を紹介
JH3RKB ループアンテナやヘリカルアンテナの自作
ふじきち日記 自作反射板を使った長距離実験
WarDriving クルマに無線LAN機器を積んで、セキュリティのかかっていないアクセスポイントを探す遊び
BUFFALO 無線LANオプション対応表
秋月電子通商 秋月のアンテナ一覧
無線LANアンテナの実験 標準アンテナ、.八木アンテナ、3.自作パラボラ反射板について比較
JRC日本新記録 2009年3月12日に62.7kmを記録した日本無線のプレリリース
Aマート NATEC 無線LAN用屋外アンテナ
無線アンテナの自作 ループアンテナの自作法
マキ電機 アンテナ自作キット販売
しょうぶ沼 かんたん単純なアンテナの自作の方法
2,4g八木アンテナの製作 ja3dmsさんの趣味の手作り箱
アンテナ自作 JE2TLZさんのページ
過去現在未来の自分への贈り物 FON用アンテナリフレクタ
東京ホットスポット情報館 無線LANアクセスポイントの情報を自動的に収集するソフト「Network Stumbler」についての情報
きんちゃんのぷらっと写真撮影 無線LANの電波強度を小さな棒グラフで常時表示できるソフト「WiFi SiStr」解説
120pパラボラアンテナの製作 JN1ANVさんのステンレス金網を使ったパラボラの自作記事
無線LANセキュリティのすべて レベル別に,無線LANの危険性とそれに対する「対処術」
パラボラもどき製作例 アマチュア無線用手作りアンテナ及び自作用パーツのお店のYAMAWA
がんばれ!パソコン初心者 inSSIDer解説 無線LANのアクセスポイントの検出ツールinSSIDer解説
 
copyright (c) 2007  Hirara PROJECT