http://hirara.jp/dyi/indexhtml



ひらら工作


バイク車庫


  
□参考にしたサイト
金平商店


□使用した工具等
・スライド丸鋸
ホームセンターで購入した安物ですが、性能には満足しています。
切断の角度設定はテーブルの目盛りをあてにしないで「さしがね」や「直角定規」で確認することが大切です。


・インパクトドリル
何台か持っているのですが最近電池がくたびれてきました。交換電池は高価なので購入は思案中。

・充電式丸鋸
合板などを切断するには重宝しています。コード式の丸鋸に比べパワーはありませんが、その分安心して使用できます。(コード式丸鋸は怖い!)

・両刃のこぎり
210mmの小ぶりのものですが愛用の品です。

・さしがね
50p

・のみ
お入れのみ各種

・げんのう

・金切りばさみ
テスキーは使いやすい

・つかみ箸
今回の工作のため購入しました。

・スコップ
基礎作り

・移植ごて
基礎作り

・金ごて

・水平器


・ガンタッカー
アスファルトルーフィングを張るのに使用

・はけ


□バイク用の車庫を製作することにしました。冬季は、小型除雪機の収納庫に使用する予定です。

□予算
 ホームセンターの広告で、1600×1835×1898 24800円
1604×1798×1946 44800円とありました。いずれも扉はありません。
扉付きで材料費5万円以下を目標とします。 

□設計
 2×4材で枠を組み、左壁面と正面の扉は1×4材の横板張り、既設建物に面している右壁面と後ろ正面はコンパネをはることにしました。
 間口1450、奥行き1900、前面柱1820、背面柱2400、屋根1820×2350

□屋根材
使用したのは、TKルーフという ガルバリウム鋼板の屋根材です。
・色  :ブラック、セピア
・長 さ:1、820mm
・梱包単位:1ケース(8枚) 3.3u
・総 幅:232mm
・材 質:0.35o  JFE鋼板カラーガルバリウム鋼板
購入したのは10枚です。(1枚900円)
また、水木利用の部材も購入しました。
・けらば水切 0.27×6尺  898円/本 3本
・唐草    0.27×6尺   648円/本 1本
購入先は金平商店です。送料が安いのが嬉しいです。
コメリでも扱っています。


□壁材等
近くのホームセンターで2×4材の安い売りをしていたので購入してきました。
 この時点で、経費は31000円ほど。まだ、垂木等、一部の材料は購入していませんが何とか予算内で収まりそうです。

     品   名  単価   数量   価格 
2×4×6フィート  198    14   2772
 2  2×4×8フィート  398  2  796
 3   1×4×6フィート  148  40  5920
 4  コンパネ   878  7  6146
 5  垂木35×50×4m    6  
 6  1×4×12フィート    2  
 7  アスファルトルーフィング   6m   
         

□基礎作り
沓石を6個並べて独立基礎をつくります。
30p角、深さ30pに掘り、採石を詰め、から練りしたモルタルを敷いて沓石を置きました。
水糸は省略して、沓石の上に2×4材を置いて水平器でレベルを調整しました。
グリーンベルのサイトを参考にしました。


□補強金具

右壁面にコンパネをはりました。重くて一人での移動は不可能でした。
なお、最終的には右壁面の前側半分は1×4の板張りに変更しました。

左壁面は枠のみで組み立てることにしました。なお、枠はこば面を正面にしています。

建前が完了しました。後ろ壁面にコンパネを張ったら丈夫になりました。


垂木は35×50の角材を450mm間隔で取り付けました。


野地板はコンパネを使用しました。鼻隠しとケラバ水切り用の
 午前 午後

アスファルトルーフィングを取り付けました。

ガルバニウム鋼鈑の施工方法がよくわかりません。アイジー工業のこの資料などを参考にもう少し調べることにします。
特にケラバ水切りの末端処理の折り曲げをペンチやプライヤで試みましたがうまくできません。思い切って板金加工に必需品の「つかみ箸」をネットで購入しました。幅45ミリで約3500円の出費でした。


□板張り
 1×4材を張りました。内側からの木ねじと上部こばからの釘打ちで外側からは見えないように接合したのですっきりとできたと思います。

□完成
 保護塗料のキシラデコールを塗り完成です。


明かり取りの小さな窓もつけてあります。