ひららプロジェクト ひらら工作 DIY
http://hirara.jp/dyi/indexhtml

木製生ゴミ処理機2号
リンク集
コンポストの使い方
自然にカエル
生ごみ処理機
生ごみ処理機 比較
VIC'S D.I.Y
小金井市 市販のコンポスト
現代農業「ダンボール堆肥」
ダンボールコンポスト
コンポスター
微生物を利用した農業資材
生ゴミ処理減量関係リンク集
平石研究室 生ゴミ処理コーナー
生ゴミ排出ゼロを目指して
生ゴミ堆肥のミニプラント運用
おが屑米ぬか鶏糞で生ゴミ処理
HAPPY×HAPPY 発泡スチロールで...
ミミズコンポスト
堆肥 Wikipedia
堆肥化 Wikipedia
暮らしのココロ
プランターとコンテナで生ゴミ処理 
西北畜産ニュース
生ゴミリサイクル全国ネットワーク 
あった!kcy家庭菜園
堆肥舎にブロワーを設置しよう
愛媛県鬼北町生活ガイド
愛媛県産業技術研究所 
俺んち畑 えひめAI-2をつくる
堆肥生産の常識を変える
バイオ式家庭用ごみ処理機技術の概要
古河市役所
ひららプロジェクト踏み込み温床 
 
 
■コンポストとコンポスター
 コンポストは堆肥のことで、堆肥をつくる装置はコンポスターというのが正しい様ですが、日本では装置の方もコンポストという呼び方が定着してしまっているようです。
 このページでもコンポストもコンポスターも同義として

 
■充電式丸鋸

コンパネを使った木工で活躍している工具です。コードレスなので便利。パワーはないが普通の丸鋸ほど怖くないからです。
チップソーは合板用の刃数の多いものに交換しています。
コンパネの切断には、角材をクランプで固定しガイドとします。 

■側板の切り込みの方法
1糸のこ盤または糸のこを使う。
2ジグサー使う。
3のこぎりで数センチおきに切り込みを入れたのみを使う。
以上、色々な方法が考えられます。私は充電式丸鋸と両刃のこぎりで加工しました。

■送風口の開け方
私は電気ドリルに自在キリを取り付けて両側から加工しました。糸鋸やジグソーあるいは回し引きのこぎりを使っても良いDしょう。


■割れの防止
 組み立てにはコースレッド(内装ビス、造作ビス)と呼ばれる木ねじを使用します。なぜか、このネジはJIS規格がなく、各メーカー独自の規格で製造されているのだそうです。

 コースレッドは先端に先割れがあって木材の割れを防止するようになっていますが、3ミリ程度のドリルであらかじめ下穴をあけておくことが大事です

今回使用したのは細めの45ミリと25ミリの2種類です
■防腐塗料
 生ゴミを分解する微生物のことを考えると防腐塗料は使用しない方がよいのかもしれませんが、防腐塗料として定評のあるキシラデコールを塗ることにしました。

 
■VP管とVP管の寸法
硬質塩化ビニールのパイプにはVP(肉厚管)とVU(肉薄管)があります。
表示されている呼び径と実際の外径と内径はVP50、VU50のように必ずしも一致しませんので注意が必要です。
呼び径 外径 VP
内径
VU
内径
13    18  13  
16   22 16  
20   26  20  
25  32  25  
30   38  31  
40    48  40  44
50   60  51  56
 65   75  67 71
 75   89  77  83
 100  114  100  107
■タッカー
上部の空気孔には網戸用の網をタッカーで取り付けました。

■生ごみ処理のポイント@ 酸素
好気性微生物を増殖させるには、酸素の供給が必要です。攪拌装置にとって切り返しを行うことと送風装置によって酸素を供給します。モミガラくんたんやおが屑など通気性の良い資材を利用することも大切です。

■生ごみ処理のポイントA 水分
含水率50−60%が適正といわれます。台所の生ごみは含水率80%といわれますの尾で水切りをして投入することが必要です

■生ごみ処理のポイント B 温度
堆肥化が活発に行われる温度は、中温菌群が活発になる40℃前後と高温菌群が活発になる60℃前後です。温度測定により生ごみの分解の状況がわかります。

■生ごみ処理のポイント CPH
好気性微生物は、PH5以上のアルカリ性でタ活発になります。消石灰の投入などで強制的にアルカリ性にすることも有効です。
■生ごみ処理のポイント D C/N比
C/N比とは資材の炭素量を窒素量で割ったものでC/N比10−30で分解が速やかに行われるといわれます。モミガラやおが屑は炭素分が多い茶色の材料で、野菜くずなどの生ごみは窒素分の多い緑の材料です

■ドラム缶式籾殻くん炭製造器
もみ殻くん炭とは もみ殻をいぶし焼きにして炭化させたものです。最近ではホームセンターでも販売されていますがモミガラが入手できれば自作も簡単です。
ドラム缶を使った籾殻くん炭の製造方法はこちらです。

■温度計
堆肥化の様子は温度を測ることで確認します。70度前後まで発熱することがありますので100度まで測定できるものを使用します。アルコール温度計は300円ほど、最高最低温度も測れるデジタル温度計は1000円ほどです。

 
 

 ひらら工作は、機械整備や木材加工など工作のページです。

 生ゴミ処理機2号(コンポスター)の製作


■1号機はワンバイフォー材を使用しましたが2号機はコンパネ1枚を使って製作します。

■構想

1本体はコンパネ1枚を使って箱をつくる。
2大きさは、内寸で幅520×奥行き360×高さ730センチ程度とする。内容量は約120リットルで
1日1kgの処理を期待する。
3かくはん装置は取り付けない。電動ファンで送風し、堆肥化を促進する。
45側板の上部に空気孔を設け運搬用の手かけを兼ねる。天板の空気孔は設けない

6前板は一部取り外し可能な構造とし堆肥を取り出せるようにする。

7本体の底はプラスチック製の育苗箱を利用。全体の寸法はこの箱を基準にする。


■送風装置
鉢底網で直径60ミリほどのパイプを作り送風パイプをつくる。中古パソコンから取り出した小型ファンを利用し送風装置を取り付け、電源にはソーラーパネルまたは電源アダプターを使用する。

■温度計
堆肥化の様子を確認するためにデジタル温度計を取り付ける。

■主な使用部品一覧
  品 目   単価  数量   価格      備 考    
 1 コンパネ 1200     1     本体
育苗箱 500      1     本体の底
 3 鉢底網  300      1     送風パイプ 
 4 塩ビ管(VU50)  0     2    送風パイプ 固定用
 5 ファン      0     1    中古パソコン解体 
 6 温度計     500    1    
7  蝶板       2    
           

■木取り図 (のこぎりの厚さがあるので実際は、これより2ミリほど小さくなる。)
まったく無駄な部分のでない設計です。コンパネは黄色に塗装されたものを使用し、腐食対策から塗装部を内側にして組み立てます。コンパネの板厚は12ミリしかないのでネジがはみ出ないように十分気をつけて組み立てます。四隅にワンバイフォーか角材で補強をしたほうがよいかもしれません。