http://hirara.jp

踏み込み温床の作り方
踏み込み温床づくりを教わる
てつがく村の・・・
有機農業.COM
野菜の生育温度(アタリヤ農園)
カボチャ苗育苗マニュアル
育苗から始める野菜づくり
○育苗日数1
トマト 65日
ナスピーマン 75日
○育苗日数2
キュウリ、スイカ 30日
メロン、カボチャ 35日  
○セルトレイ

3月の育苗管理など
秋月電子通商DE-20W
営農レポート
落ち葉堆肥
農業豆知識(シーアイノービ)
104WEB(ポリ袋)
タキイ野菜前線
○ポリポットのサイズ

○マルチの種類と性質

透明マルチ(耐候性):地温の上昇が高く、作物の育成を早める。

黒マルチ:地温の上昇を抑える効果・雑草の防除に最適

グリーンマルチ:太陽光線を過不足なく取り入れる。

シルバーマルチ:耐候性・耐熱性に優れたタイプ

野菜のイラスト
野菜イラストフリー
イラスト集野菜
野菜イラスト素材集
季節行事のイラスト
野菜のイラスト制作例
無料素材倶楽部

購入した種(画像クリックで情報)




アスパラガスの栽培
アスパラガス二つ

の育苗方法

アスパラガス1年目pdf
アスパラガス2年目以降pdf
サツマイモ


焼き土

育苗土の作り方
育苗用土の作り方
野菜作りの基礎知識

農業用フィルム
岩手県農業研究センター主要農作物栽培基準

EMぼかしの作り方

農業屋.COM
KOMERI.COM
青空菜園
みんなの農業広場

野菜の性質
野菜の蒔き時植え時
極上の堆肥作り
リンゴ栽培の手引
野菜の発芽温度
温度 種類
15-20 キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、カブ、レタス
15-30 ダイコン、タマネギ、ネギ
20-25 インゲンマメ、ソラマメ、ササゲ、ニンジン、
セロリー、フダンソウ
25-30 キュウリ、スイカ、メロン、シロウリ、トウガン、ゴボウ
自然農法の種子
タキイ「野菜前線」家庭菜園コーナー
お気楽家庭菜園
極上の堆肥作り
堆肥
きえるくんの作り方
ジャガイモ博物館

○踏み込み温床の設置計画

踏み込み温床は、落ち葉、わら、などと小糠や鶏糞などを混ぜ、水をかけて踏み固め、窒素分が発酵して発熱することを利用した温床です。電気も石油もいらない自然にやさしいシステムです。

分量が少ないと発酵が安定しないので、少なくとも1坪(約3,3㎡)の広さが必要だといわれます。
また20~30㎝地面に穴を掘った方がよいようですが、今年はハウス内に作るので地面に直接つくることにしました。

四隅に柱を立て、板で枠をつくり、間にわらを立てて囲む構造にしました。



○材料
主材料として稲わら、落ち葉、豆殻、副材料として小糠、鶏糞を使用することにしました。押し切りで稲わら、豆殻を5㎝ほどの長さに切り、落ち葉を敷いて、小糠と鶏糞をまき、水をかけて足で踏み込みます。この作業を繰り返して50㎝ほどの高さに積み上げ、最後にビニールシートで覆います。
2,3日で50℃ほどに温度が上がり、1週間ほどで30℃くらいに安定するはずです。

○実際にやってみると
2/27(土)実際は、なかなか重労働です。稲ワラを裁断するのもあきらめてそのままほぐして使用しました。30㎝もいかないうちにつかれはててしまいました。これまでに鶏糞15kg、小ぬか15kgを使用。翌2/28(日)は、雪が降ってしまったので、最上部にビニールシートをかけて中断しました。



○温度計

・温床の温度測定のためにデジタル温度計を購入しました。最高、最低計測付き型名DE-20W。
・通常測定2秒押し、最高最低表示1秒押しで切り替えます。-50~+100℃。分解能0.1℃。
・MAX MIN が表示している状態で、最高温度と最低温度を書き換えている。これをクリヤーするには、MAX MINが表示されている状態で背面のボタンを長押しして、、MAX MINの表示が消えたらすぐボタンから手を離す。
再度、ボタンをおすとと、MAX MINの表示がされ、最高最低温度の新しい記録がスタートします。
・あまり長く押すと電源自体が切れる。
・私はヤフオクで送料込み900円で入手しましたが、秋月なら1個500円。ただし送料500円(いくつでも)。


○温度計測

3月3日am6:30、踏み込んでから4日目です。出勤前の早朝、温床の温度を測りました。上部1㎝の部分で計測したところ27.3℃ありました。ちなみにこの時点の外気温は1℃、温室内の室温は2℃でした。
pm6:00室内温度は10℃、温床の地中温度は36.7℃、日中の最高温度は38.9℃でした。

3月4日AM6:30 室内温度2℃ 温床32.5 最低32.3
PM6:30 室内温度7℃ 温床35.6℃ 最高38.7℃ 最低32.3℃
この日の最低気温は-1.8℃(00:30),最高気温は8.8℃(12:54)



○3月7日
3月の天候は気まぐれです。夜半から雪が降りました。AM6:00以降氷点下になり、夕方は-1℃までさがってしまいました。

温床の上部にビニールトンネルをつくり、播種の準備をしました。
上部にワラと籾殻を敷き、もう一度水をかけました。
最後に透明マルチを敷きました。


プラスチックの丸棒で枠をつくり、ビニールトンネルをかけました。


水をかけたせいか温度が下がってしまったようです。ブルーシートで保温し、温度が上がるのを待つことにしました。

コメリの種まき培土を128穴のセルトレイにつめ、水をかけてしばらく放置します。

・地温は14℃までしかあがっていませんがトマト 長ナス 丸ナス トウガラシ(自家採種)、アスパラガス、キャベツを播種しました
・1種類128本はあまりにも多いのでアスパラガス以外は1つのトレイに2種類まきました。
夕方になっても地温が14℃以上に上がらないので少し心配です。ちなみに気温は-1.0℃。
・3/8AM7:30 地温14.7℃ PM6:30 地温18.7℃ 最高地温22.3℃ 最高気温1.5℃ 最低気温-1.8℃
温床の温度は上昇しているようですが目標の25℃まではもう一歩です。
・気象データは、踏み込み温床か設置場所から300mほど離れた自宅に設置してあるひららお天気センターの観測結果です。
 
○3/12(金)皮肉にも播種をした3/7から真冬にもどってしまいましたが、この日、寒気がようやく遠のき、AM4:00の気温は-4℃でしたが、PM3:50には、最高気温が14.3℃に達しました。
PM6:00の温床の地温は20℃、最高地温は24℃でした。
 



○トマト播種
トマトハウスの野菜日誌より)
トマトの品種は食味も良く、ホルモン処理の必要のないサカタ種苗の「ルネッサンス」がおすすめ。
播種の前日までにプラグトレーに培土を入れて水をかけ、適度に湿らせておきます。播種前日に種を水に浸し、浮いた種は発芽率が悪いので捨てます。一晩、水に浸したままにし、翌日水から種を出し、水を良くふき取ります。次にプラグトレーに割り箸などで3ミリくらいの穴を開け、トマトの種を一粒づつ播き、土をかけます。
播き終わったら新聞紙をかけ、土が乾燥しないように上から水をかけ、30度くらいの温度に保つようにして発芽を待ちます。5日から1週間程度で発芽するので、発芽したらすぐに新聞紙をはがします。

播種から約2週間、本葉が2~3枚になったら、12cmポットに移植をする。ポットに培土を入れて準備をしておきます。培土の量はポットに水やりをしたときに水がたまるように上を1cmくらい空けておきます。移植後も底面給水をする場合は、水を上げやすくするためにポットの下側に直径1cm程度の穴を6~8つあけておくと良い。