ひらら農園の栽培ノートのページにようこそ

 このページは 野菜づくりなどに関する栽培についての雑記帳です。






ひらら農園の趣味の農業のページにようこそ

N0805161土寄せのいらない長ネギの栽培
 穴をあけて苗を落とすだけというユニークな長ネギ栽培の方法が紹介されていました。今年はもう植え付けをすませてしまったので来年は試してみたいと思います。



N0702231 野菜の種子の発芽適温
 種子の発芽の条件としては水分、酵素、温度が必要ですが特に温度には注意する必要があります。主な野菜の発芽適温は次の通りです。(株)ウタネの資料です。
スイートコーン 25〜30℃ メロン 25〜30℃ 枝豆 25〜30℃ スイカ 25〜30℃
トマト 25〜30℃ キュウリ 25〜30℃ カボチャ 25〜30℃ メロン 25〜30℃
ピーマン 20〜30℃ ナス 20〜30℃ インゲン 20〜25℃ ハクサイ 20〜25℃
ダイコン 15〜30℃ ソラマメ 15〜25℃ ニンジン 15〜25℃ レタス 15〜20℃
ホウレンソウ 15〜20℃ エンドウ 15〜20℃ タマネギ 15〜20℃    
←目次
N0702101 ライブ気象台
 圃場付近の気象データは、気象庁の電子閲覧室で詳細なデータを得ることができますが、もう少しローカルなデータはないかと調べてみましたがみつかりません。自分の畑付近の気象観測は自分でやるしかなさそうですが、AORという会社から手軽な気象機器が販売されています。
AORではライブ気象台を配信していますが、市町村単位でこのような局地観測を実施してくれないものでしょうか。


N0702012 ジャガイモの手抜き栽培
1種芋について 
 昔からの代表的な品種として「男爵」と「メークイーン」がありますが、最近はいろいろな品種が出回るようになりました。日本いも類研究会ジャガイモ博物館のページには数十種類が紹介されています。私も数年前から「ベニアカリ」などの赤い芋もつくるようになりましたが好評です。

 種芋は、大きなジャガイモの方が大きな芽が出て細胞分裂が活発だというので、私はなるく大きな種芋を入手するようにしています。1株の種芋の目安は50g前後とし、10mの畝で1Kgの種芋を目安にします。

 種芋は植える前に数週間から2ヶ月日光にあてて発芽させる緑化催芽(浴光催芽)という処理を行いますので2月に入って店頭に並ぶようになったら購入します。植え付け適期になって芽が出て売れ残ったものを購入するのも手です。

 ところで農業や園芸の参考書やインターネットでジャガイモの作り方を調べると、種芋は5日ほど前に切って日光で乾かし切り口を固め、さらに腐らせないために切り口を下にして植えるというのが一般的ですが、全く逆で前日から切っておくと水分が抜けて種芋が弱るので植える直前が良く、ジャガイモは根でなく茎の一部であるので切り口を上にして茎の部分を地上に伸びるまでの部分を長くした方がよいとの説もあります。

 どちらも理由があり迷ってしまいますが、私は後者の植える直前に切り、切り口を上にする方法を採用しています。ただし、必ず緑化催芽の作業をして発芽させてからとし、余った種芋をポットに埋め込んで予備の苗を育てています。

2手抜き放任栽培
 趣味の農業ができるのは土日の休日だけです。その土日に別の仕事が入ったり、雨が降ったりして作業ができなかったりします。私のジャガイモ栽培は、畑での作業は@畝作りA植え付けB芽かき1回C収穫という超手抜き放任栽培です。

@植え付けの1〜2週間前に畝幅1.5m種芋1kg10mの長さとして、野菜用の配合肥料をまいて、小型トラクターで耕し畝を作って黒マルチをします。種芋をまいてからマルチをして、ジャガイモの芽が出てマルチを押し上げてから、その部分に穴を開けるのが通常の作業なのですがその作業を省略するために耕すと同時にマルチをしてしまいます。なお、ジャガイモには嫌地性がありますので注意します。野菜の連作障害を参照してください。マルチをしない方が美味しいという人もいますが土寄せや除草作業を省略するためにマルチを使用しています。

A植え付けの1月くらい前から緑化催芽の処理をして、芽が出ても霜にやられない時期をねらって40〜50センチ間隔でマルチに穴をあけて、種芋を10センチほどの深さに埋めます。植え付けの間隔は、普通なら30から35センチですが芽かき作業を省略し大きな芋をつくるため広い間隔にしています。

B芽が10センチほどに伸びたら1株に2〜3芽を残してハサミで切り取ります。手で引き抜くと残したい眼まで傷つける場合があるので地上1〜2センチの部分を切り取るのが簡単です。また、芽かきをしてから遅霜にやられて全滅しないようにタイミングを選ぶことも必要です。

C後は収穫まで放任してひたすら生長を待つだけです。もちろん、水やりなどはしたことがありません。

D茎や葉が黄色くなったらほりあげてシートに並べて日よけの段ボールをかけて1週間ほど乾燥させてから保存します。

←目次
N0702011  スプラウトの栽培
「スプラウト(sprout)」とは、新芽のことです。日本では「もやし」や「かいわれ大根」な
どがスプラウト食品の代表格です。植物が生長するための栄養分をそのまま食べるスプラウトは、アメリカやヨーロッパなどでも野菜不足になりがちな冬にぴったりの野菜としても人気です。スプラウトは今ちょっとしたブームでブロッコリーやアルファルファ、発芽玄米などのスプラウト食品(発芽食品、芽だし野菜とも)がスーパーにも並ぶようになりました。
 家庭でできるスプラウト栽培入門についてまとめてみました。
N0701306 栽培がやさしい野菜と難しい野菜
今まで栽培した野菜の種類を4段階で分類してみました。地域によっても土壌によっても難易度は異なり、また種から育てるか苗で育てるかなどで異なるのであくまで私見です。
種別 比較的やさしいもの やや難しいもの 挑戦中のもの 挑戦したいもの
果菜類 トウガラシ、ピーマン
シシトウ、オクラ
トマト、キュウリ ナス、スイカ、メロン  
葉菜類 ネギ レタス、キャベツ シソ   
根菜類 ジャガイモ、サツマイモ、カボチャ、ダイコン サトイモ    
マメ 類 エンドウ 小豆  落花生 くらかけ豆 黒豆  
宿根野菜 ミョウガ ウド フキ アスパラ
果菜類 ニガウリ       
葉菜類 ホウレンソウ キャベツ    
根菜類     ニンジン   
果菜類 エンドウ   イチゴ   
葉菜類 ホウレンソウ タマネギ、ニンニク    
根菜類 ダイコン、野沢菜、赤カブ      
豆類 ソラマメ
←目次
N0701305 栽培地の気象環境を調べよう
自分の田畑がある場所の気象条件を調べるには、気象庁の気象統計情報気象観測(電子閲覧室)で調べることができます。検索内容選択で指定すると月ごとや日ごとのデータがグラフや表で得られます。なお、グラフは印刷することができませんので画像でコピーし印刷します。

目次へ

N0701304 野菜と生育温度
野菜の発芽温度と生育温度について調べてみました。
高温性野菜 暑さに強く寒さに弱い 発芽温度23
〜27
生育温度22
〜30

果菜

オクラ、シロウリ、トウガラシ、ナス、二ガウリ、ピーマン

葉菜

ツルムラサキ、エンサイ

根菜

クワイ、ショウガ、ヤマイモ
マメ類 エダマメ、ササゲ、ナタマメ
30度以上の暑さに弱いが低温には比較的強い 21
〜27
17
〜27

果菜

カボチャ、キュウリ、スイカ、トマト、トウモロコシ、メロン

葉菜

アスパラガス、ウド、ケール

根菜

ゴボウ、ユリネ

マメ類

インゲン、ライマメ
冷涼性野菜 寒さに強い 15
〜20
15
〜24

葉菜

カリフラワー、シュンギク、セリ、フダンソウ、ニンニク、ワケギ、バセリ、レタス

根菜

ジャガイモ、ニンジン、ビート
寒さにかなり強い 13
〜20
13
〜21

果菜

イチゴ

葉菜

キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、ツケナ類、ホウリレソウ、タマネギ、ネギ、ラッキョ

根菜

カプ、ダイコン、ワサビ

マメ類

エンドウ、ソラマメ
←目次

N0701303  水田の畦のハーブ植栽計画
何気なくテレビをみていたら ,水田の畦にハーブを植栽して効果を上げているという話を伝えていました。
インターネットで 「ハーブ」「水田」を検索すると、なるほど北海道美唄や石狩で流行しているようです。
ペパーミント、アップルミント、スペアミントなどがカメムシなどの防除に効果的だとか。
防除効果はともかくとして、ハーブを植えることによって畦草刈りが省力化できないかと考えました。
香りの畦みち研究所が発祥と思われます。
ところで、上記の3種類のハーブはいずれも草丈100センチでどうかなと思っていたら、ペニーロイヤルミントは草丈10センチ。
現段階では、これで試そうと思います。
カメムシ対策にはなりませんが西洋芝を畦に植えたらどうかと考えています。

N0701302 野菜の連作障害について
野菜の中には「いや地性(連作障害)」といって、同じ場所に栽培するとうまく生育しないものがあります。連作障害の起こりやすい代表的な野菜はエンドウで5年以上は間隔をあける必要があります。
いや地性 連作障害を起こさない間隔 種類
強い 4〜5年 エンドウ ゴボウ スイカ ナス ピーマン メロン
1〜3年 インゲン ウリ類 サトイモ ジャガイモ ソラマメ 白菜 ホウレンソウ レタス
なし 連作可能 イチゴ カブ カボチャ キャベツ サツマイモ シュンギク タマネギ ダイコン 漬け菜類 ニンジン ネギ
ここで注意しなければならないのは、たとえばナス、ピーマン、ジャガイモは同じナス科ですので、ジャガイモを栽培した場所に翌年ピーマンを植えると失敗します。

ナス科 ナス、トマト、ジャガイモ
ウリ科 キュウリ、スイカ、カボチャ
ヒルガオ科 サツマイモ、アサガオ、ユウガオ
アブラナ科 カブ、ダイコン、ハクサイ、キャベツ、コマツナ
セリ科 ニンジン、パセリ、セルリ
アカザ科 ホウレンソウ、フダンソウ
キク科 サラダナ、シュンギク、レタス、ゴボウ
N0701301 野菜の種の寿命
野菜のタネは結構高価です。というより趣味の農業では1袋の量が多くて1年では使い切れません。野菜の種の寿命について調べてみました。
ダイコンやキュウリ、スイカなどは適切に保存すれば数年は持ちそうです。
区分 保存年数 種類
短命 1〜2年 ネギ タマネギ ニンジン ミツバ 落花生
やや短命 2〜3年 キャベツ レタス 唐辛子 枝豆 インゲン ホウレンソウ ゴボウ
やや長命 2〜3年 ダイコン カブ 白菜 漬菜類 キュウリ カボチャ
長命 4年以上 ナス トマト スイカ
適切な保存方法は、お茶の缶などに乾燥剤などと一緒に入れて、冷蔵庫の野菜ケースなど5℃位で温度が一定の場所にしまって置くとよいようです。
←目次
参考 野口のタネ
いや地性に対処する技術が接ぎ木苗です。スイカの台木にユウガオ、キュウリの台木にカボチャなどを接いだ苗が市販されています。

参考リンク 野菜の一覧
←目次







更新情報・お知らせ

ひららプロジェクト

チャレンジ農業