http://hirara.jp/kikai



ひらら機械


チェーンソー

  
○参考リンク
・チェーンソーの修理方法

・東京パイオニア

・オレゴン FAQ

・チェーンソーについて

流庵

・チェインソーメンテナンス

・チェインソーのメンテナンス

・オオマチキハン
□エンジン式チェーンソー
 チェーンソーには、エンジン式と電動式があります。電動式は主に家庭用でチェーンソーといえば普通エンジン式をさします。日本語で鎖鋸(くさりのこ)というそうですがあまり聞いたことがありません。
 ひらら機械にも20年以上前の電動式と10年以上前のエンジン式がありますが最近はめったに使っていませんでした。
 エンジン式はリョービのES3235です。
形式 排気量 バーサイズ 適合チェーン ガイドバー ヤスリサイズ
ES-3235 31.7cc 14inch35cm 91VX-52E 140SDEA041 4o


□説明書
 機械の説明書は保存しておくべきです。私も保存しています。でもどこに保存してあるかが不明です。リョービのホームページからは説明書がダウンロードできます。もっとも、当方の機械は古すぎて掲載されていません。似たような機種の説明書を探してダウンロードしました。
 

□メンテナンス
1 エアークリーナー
 乾式のエアークリーナーです。あまり汚れてはいませんでしたがエアーコンプレッサーで軽く掃除をしました。

2 燃料ストレーナー
 燃料キャップをはずし、曲げた針金でホースをつり上げます。これも汚れてはいないようです。

3 スパークプラグ
 汚れ確認。

4 キャブレータの調整
(1)高速ニードル(H)
 ・右に回しきってから左に1.5回転戻し調整。
 絞りすぎると出力が低下し、開きすぎると燃費が悪くなる。

(2)低速ニードル(L)
 ・右に回しきってから左に1.5回転戻し調整。
 絞りすぎると加速が悪くなり、開きすぎると機体を傾けたときエンジンが停止する。
 ・スローで回転がフラついてなんだか止まりそうな場合は、大体3/4回転戻して徐々に開くと、だんだんと回転が上がっていく。
 一番回転が上がった位置に止めてそこから少しだけ開く。
 10度くらい〜90度(1/4回転)くらいまでを目安にふかした際にボトボトと言わずにスムースに吹き上がって行くところに合わせる。

(3)アイドリング調整
 右に回すと回転があがる。2,3分暖機運転をした後、チェーンが回らない程度に調整する。

□メンテナンスの結果
 残念ながらうまく作動しません。何度かやってやっと始動したのですが一旦停止するとまたなかなか始動しないのです。長期間始動しなかったので、キャブ内部のダイヤフラムの故障などが発生しているのかもしれません。

 思い切ってキャブを分解、ダイヤフラムを取り出して部品手配のためにコピーしました。もう一度組み立ててエンジン始動。
 何と今度は調子が良いようです。ダイヤフラムにオイルか何かが付着していて作動不良を起こしていたものが分解で直ったようです。

□オイル
 2サイクルエンジンに使用する燃料はガソリンとエンジンオイルを混合して使用します。このチェーンソーにも25:1の表示がされていますが、少し高価でも良質の50:1用のオイルを使用した方がマフラーのつまりやキャブレターのつまり・プラグにカーボンの付着が少ないそうです。
 50:1用のオイルには、カストロールA-747,ハスクバーナ、丸山製作所ケムナイトがあります。25:1用に比べ高価ですが、使用量がすくなくてすむので逆に安いともいえます。

□替え刃
 ヤフーオークションで、91VG-52ECを送料込み2130円で入手しました。


 教訓1 取説は保管しておこう。
 教訓2 保管するときは燃料をぬく。
 教訓3 長期に使用しないときも、時々エンジンをかけて燃料を各部に回す。