http://hirara.jp/kikai

  

○参考リンク
除雪レポート
HONDA除雪機
HONDA HS655
HONDA汎用製品説明書
除雪のページ
除雪機についての情報・・
除雪機のメンテナンス
趣味の部屋
島貫農園 除雪機修理

YAHOO オークションで 除雪機を買いました。ホンダのHS655です。
落札価格78000円+送料10000円+3000円+バッテリー4000円+ロックボルト900円=95900円

予想以上にぼろぼろの古物でした。オークションの写真は実際よりきれいに写るので注意が必要です。しかし、整備されセル一発で始動しました。クローラも新品のように良品でした。

しかし、購入した年はなぜか雪が降らず出動する場面はありませんでした。


取り扱い説明書は同じ機種でも製造番号で異なるようです。
HS655 HS655シリアルNOSZAL-1138892〜



□メンテナンス
1バッテリーの交換・・・購入時に新品のバッテリーと交換したのですが、3年目には使用不可。使用しない時期も補充電をしなければバッテリーの寿命は著しく短くなってしまうようです。セルモーターの使用はあきらめてリコイルスタータを使用することにしました。それにしてもこの機械のバッテリーの交換はやりにくいことこの上なしです。

2点火プラグの交換
指定プラグは、BP5ES(NGK),W16EP-U(DENSO)。深い位置にあって、これも交換しにくい位置です。

3オイル交換
SAE5W-30容量は0.6リットル。

4ロックボルト
オーガ部のロックボルトは、衝撃の際に折れるようにわざと弱く作られているので必ず専用のものを使用します。

□トラブルと修理
1クローラが動かない
・ある日の除雪作業中、左クローラが動かなくなってしましました。調べてみると軸を固定しているピンがなくなっていました。とりあえずロックボルトで代用しました。残りの3本も割ピンの腐食がひどい状態です。

2投雪口のボルトがなくなる
・2シーズン目に投雪口上部、3シーズン目に下部の固定ボルトが紛失してしまいました。除雪機はかなりの振動がありますのでボルトの固定状況の点検は、シーズン前に丁寧におこなっておくことが必要です。



HS655について

1セルスターターつきと手動式の2種類がある。バッテリーが小さく寿命が短い。

2左右のクローラは独立していないので方向転換は力尽くで行う。

4投雪口の向きの変更は手動レバーで行う。

5オーガの上下も固定式。

積雪30p程度で、平らな場所の除雪なら実用性がある。